連続テレビ小説「なつぞら」第116話「なつよ、笑って母になれ」【第20週】

あらすじ

なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)の新居を訪れ、咲太郎(岡田将生)は結婚することにしたと報告する。慌てて川村屋を訪ねたなつに、光子(比嘉愛未)は川村屋の経営を退き、咲太郎の事務所を手伝うつもりだと言われる。新宿一帯の再開発で川村屋も新しいビルに建て替えるのだ。一方、風車では亜矢美(山口智子)と茂木社長(リリー・フランキー)が話し込んでいた。そこへ咲太郎が結婚報告にやってきて…。

116話ネタバレ

坂場家

ダイニング

咲太郎「俺も けじめをつけることにした。」

なつ「けじめ?」

咲太郎「結婚することにしたんだ。」

坂場「結婚?」

なつ「誰と?」

咲太郎「川村屋のマダムだ。」

なつ「ええ~っ! 川村屋のマダムって あの? あの光子さんと!?」

坂場「驚き過ぎだろ。」

なつ「そりゃ驚くでしょ!」

坂場「僕は 何となく そうじゃないかなって気がしてたけど。」

なつ「えっ どうして?」

坂場「いや 十勝の結婚式に 2人で来てくれた雰囲気とかで。」

なつ「えっ…。 いつから そんなことになってたの?」

咲太郎「まあ 俺が声優のプロダクションを 始める辺りか…。 経営者になるなんて初めてだからさ いろいろと あいつに 相談に乗ってもらってたんだよ。 まあ そしたら まあ うん そういうことに…。」

なつ「はあ… 信じられない。 お兄ちゃんとマダムが… そういうことに?」

咲太郎「そういうことだよ。 まあ 結婚すれば 母ちゃんだって 俺に安心するだろ。 安心して 俺に甘えてくれるだろ。 経済的な負担をかけても大丈夫だって そう思ってくれるんじゃないかな。」

なつ「もしかして それが目的? お金が目当て?」

咲太郎「バカ! 失礼なこと言うな! 俺は あいつの金なんて 当てにしてないからな! あいつはあいつ 俺は俺だ。」

東洋動画スタジオ

テレビ班 作画室

なつ「じゃ これ よろしく。」

「あっ はい。」

なつ「お先です。」

茜「うん お疲れさま。」

なつ「お疲れさまでした。」

一同「お疲れさまでした。」

休憩室

なつ「あっ もしもし 私 うん…。 あの これから ちょっと 川村屋に寄ってから帰る。 うん… あっ おかずは 帰りに買って帰るから。 はい。 じゃ。」

川村屋

ホール

野上「いらっしゃいませ。」

なつ「あっ 野上さん こんにちは。 マダムは…?」

「お~ 涼しい…。」

「こっち こっち。」

「お~ いた いた ハハハ…。」

なつ「すごい…。」

野上「フーテン族って呼ばれる若者ですよ。 それが 新宿の街にあふれ出し とうとう 川村屋にまで…。 そういえば あなたも 若い頃 あんな恰好されてましたよね。 あなた 昔からフーテンだったんですね。」

なつ「フーテンって 家がるのに わざわざ ないふりして生きてる 若者たちですよね? 私は 子どもの頃 本物の浮浪児でした。」

野上「何の自慢ですか? それは。」

なつ「川村屋で バターカリー食べてて どこが フーテンですか。」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク