【 連続テレビ小説「エール」】36話ネタバレ

2020年5月18日放送の【 連続テレビ小説「エール」】36話のネタバレです。

連続テレビ小説「エール」はNHKで放送しているドラマです。

現在は(2020年6月現在)NHKオンデマンドでも視聴可能です。

テレビまたはNHKオンデマンドが見れない方やこのドラマに興味のある方はこの記事をご覧になってください。

あらすじ

古山家に、早稲田大学応援部の団長(三浦貴大)たちが押しかけてくる。早慶戦で慶応に連敗を喫した早稲田の応援団員たちは、慶応義塾の新しい応援歌「若き血」が歌われだしたことから連敗が始まったと考えて、自分たちにも心沸き立たせるような新しい応援歌が必要だと考えたのだ。早慶戦まで2週間。公募ですでに決定している「紺碧の空」の詩に、曲をつけてほしいとお願いされた裕一(窪田正孝)だが、曲は出来ず…。

36話ネタバレ

エール (36)「紺碧(ぺき)の空」

田中「この度は 我が応援部の新しか応援歌 作曲ば お引き受け頂き ありがとうございます!」

裕一「お お…? えっ 何の話?」

田中「僭越ながら エールば 送らせて頂きます!」

裕一「エ… エール?」

田中「おい!」

一同「はい! 失礼します!」

裕一「あの… あっ あの…。 何で? いや あの…。」

田中「フレ~!」

エールの画像

裕一「あの ちょっと…。 声が…。」

田中「フレ~! こ や ま~!」

裕一「声が大きいです。」

田中「それ~ はい!」

一同「フレ フレ 古山! フレ フレ 古山!」

裕一「声が…。」

一同「フレ フレ 古山! フレ フレ 古山!」

裕一「音? 音… ちょっと 何? これ。 すいません… 通してもらっていいですか?」

田中「よ~し 景気づけに いつもの いくばい!」

一同「はい!」

裕一「えっ?」

一同「わ~っしょい わ~っしょい!」

裕一「下して~!」

一同「わ~っしょい!」

エールの画像

裕一「痛い痛い 痛い痛い…。」

音「ここ?」

裕一「いや もっと上 上 上…。」

音「ここ?」

裕一「あ! もっと下 下…。」

音「ここ!」

エールの画像

裕一「あ~ 痛い痛い! 痛い痛い…。」

音「病院 行った方がいいかもね。」

田中「先生が やめろ言うたけん。」

裕一「浮いてる時に やんなくてもいいでしょ?」

田中「ああ…。 申し訳なかです! おい! 罰として 腕立て100回ばい!」

一同「はい!」

裕一「いいから…。」

田中「1!」

裕一「あ~ もう いいから…。」

エールの画像

田中「2!」

裕一「やめて~!」

田中「はい! あっ… やめ!」

一同「はい!」

裕一「いろいろ あの… 混乱してっから… 整理して話して。」

エールの画像

回想

事の始まりは 明治36年。 早稲田大学の野球部が 慶應義塾大学に挑戦状を出したことから 始まりました。

エールの画像

一時は両校の応援が盛り上がり過ぎて 中止になるも 東京六大学野球の創設をきっかけに復活。 早慶戦は ラジオの普及に伴って 空前の人気を呼び 国民的関心事となりました。

エールの画像

村田「これで慶應に 11連敗だ!」

小熊「ああ~! なんたる惨劇! 我が校始まって以来の屈辱だ! チクショー!」

♬『慶應」

実は この連敗は 慶應義塾のあたらしい応援歌 『若き血』が歌われだした頃から 始まったのです。 当時 応援歌は 勝敗を左右するほどに 大きな力を持っていたのです。

エールの画像

田中「俺らにも 新しか応援歌が必要ばい。 今までん お行儀よか歌やなか。 心沸き立つ歌が必要ったい!」

一同「お~!」

詞は学生たちから公募しました。

村田「貼ってこい!」

寺門「はい! 行くぞ!」

一同「はい!」

当時 早稲田の教授であった 詩人 西城八十に選考を頼みました。

一同「そ~れ かっ飛ばせ! かっ飛ばせ!」

30の詞の中から 西城八十が選んだのは 高等師範部3年生 住 治夫の詞でした。

八十「1字も直す必要がない。 いい詞だ。」

エールの画像

それは その後 歌い継がれることになる 『紺碧の空』でした。

エールの画像

田中「紺碧の空 仰ぐ日綸 光輝あまねき 伝統のもと すぐりし精鋭 闘志は燃えて 理想の王座を 占むる者われ等 早稲田 早稲田 覇者 覇者 早稲田」

エールの画像

小熊「おお~!」

田中「すばらしか~! これこそ 我々が求めとった歌ばい!」

小熊「団長 団長! 曲は どうしましょう?」

村田「詞の募集に時間をかけ過ぎて 秋の早慶戦まで 2週間しかありません。」

田中「あいた~…。」

村田「事務局に相談しましょうか?」

田中「いや! また大御所の先生になる。 もっと若か… 血潮の たぎっとう者がよか!」

村田「見込みがあるのですね! さすが団長です!」

エールの画像

小熊「団長… 団長~!」

田中「ん~!なか!」

一同「団長…。」

田中「いや 誰か… そげんやつ知らんね?」

村田「誰か知らないのか?」

部員「いや~…。」

田中「佐藤 言い。」

エールの画像

音楽学校

潔子「う~ん もうちょっと言い方とか…。」

エールの画像

学ランを着た連中がやってくる

エールの画像

潔子「何 あれ?」

音「さあ?」

エールの画像

久志が歌の練習をしている

女生徒「キャ~!」

エールの画像

エールの画像

そこへ学ランを来た連中がやってくる

田中「失礼します」

一同「失礼します」

田中「早稲田大学 応援部 5代目団長 田中 隆ち言います。」

エールの画像

田中「先に連絡ば すべきやったとですが 居ても立ってもおられんで 押しかけてしまった失礼 おわびします。」

久志「幸太郎か!」

エールの画像

久志「これ 何?」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク