連続テレビ小説「ちゅらさん」153話「命(ぬち)どぅ宝」ネタバレ

2001年9月26日放送の【 連続テレビ小説「ちゅらさん」】153話のネタバレです。

現在は(2021年5月現在)NHKオンデマンドでも視聴可能です。

あらすじ

和也が呼びかけても、倒れた恵里は答えません。あたりは暗くなり始め、和也は意を決して助けを呼びに走り出しました。恵里が目を覚ますと、枕元に文也がいました。和也の勇敢な行動で、恵里は東京の病院に運ばれたのです。病気を黙っていたことを皆にわびる恵里。手術前に一度だけ戻った一風館で、文也と恵里は「地域の診療室」のようなことができないかと将来の夢を語り合います。みんなの見守る中、恵里の手術が始まりました…。

153話ネタバレ

連続テレビ小説「ちゅらさん」153話「命(ぬち)どぅ宝」ネタバレ

北栄総合病院
病室

検査の結果 恵理の手術は 1週間後に する事になりました

(ノック)

恵理「どうぞ。」

文也「よっ!」

恵理「上村先生。」

文也「どうですか? 具合は?」

恵理「はい お蔭様で。」

ちゅらさんの画像

文也「そうですか。 恵理。」

恵理「はい。」

文也「俺が 手術することに なった。」

恵理「うん。」

文也「うん。」

恵理「よろしく お願いします。 手術 来週だよね?」

文也「うん 何で?」

恵理「お願い あるんだけど…。」

ちゅらさんの画像

一風館

恵文「あの… 柴田君かね? これ 作ったの。」

柴田「ありがとうございます。」

恵文「いや 褒めてないんだけどね 別に。」

ちゅらさんの画像

柴田「あら 長くなってしまったです。 もう 参っちゃって…。」

真理亜「とか言って うれしそうに やったでしょ?」

柴田「いいでしょう?」

真理亜「悪いとは 言ってないでしょ。」

容子「こういう細かい事には 才能を発揮するのよねぇ。」

柴田「すみませんね。」

恵文「人間 どっか 取り柄はあるものさ。」

柴田「そうですよね。 ん?」

恵文「エヘヘヘ。」

恵達「お父さんの取り柄は 何なわけ?」

恵文「何なわけって 恵達…。(三線の音)これに 決まってるでしょうが。」

ちゅらさんの画像

勝子「文ちゃん ちゃんと 働きなさいね。」

恵文「はい すみません。 恵達!」

恵達「何でよ?」

みづえ「できたわよ。」

ハナ「すごいね おいしそうだね。」

祥子「うわ~ なんか 感動です。」

容子「感動だよねぇ。」

勝子「本当に ありがとうございます。」

ハナ「さすが みづえさんだねぇ。」

勝子「ねえ。」

ちゅらさんの画像

みづえ「恵理ちゃんが 余り 食べられないのが 残念だけど。」

ハナ「であるね。」

島田「柴田君 もう少し 上だ。」

柴田「『上』? もしかして 島田さん ずっと それ 考えてたんですか?」

島田「ん?」

(一同の笑い声)

ちゅらさんの画像

恵理「ただいま!」

文也「遅くなりました。 この2人が ナースステーションで 話し込んじゃって。」

静子「余計な事 言わないの。」

文也「はいはい。」

ちゅらさんの画像

和也「お母さん!」

恵理「和也~!」

文也「和也 お母さん 今夜は おうちに いるよ。」

和也「そうなの?」

恵理「うん お母さんも うれしいなあ。」

勝子「静子さん ありがとうございます。」

静子「いいえ とんでもない。」

恵文「ありがとうございました。」

静子「いいえ。」

ちゅらさんの画像

みづえ「さ 始めましょうか。」

恵文「すごい! うわ~!」

(拍手)

恵理のお願いというのは 手術の前に 一度 一風館に帰りたいということ だったのです。 和也と過ごしたかったし 皆と一緒に いたかったのかねぇ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク