連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」第4話「ふるさとは安来」

連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」】4話のネタバレです。

あらすじ

布美枝(佐藤未来)は祖母・登志(野際陽子)に励まされ、友人のチヨ子(鍋本凪々美)と一緒に町の盆踊り大会に出る決意を固める。ガキ大将たちは布美枝の背の高さをからかい、踊りの邪魔をしようとするが、毅然(きぜん)として踊り続ける布美枝を飯田家の先祖の霊が励ますかのように見守る。一方、布美枝の姉・ユキエ(足立梨花)は、強引に見合いをさせようとする父・源兵衛(大杉漣)との対立を深めていた。

4話ネタバレ

飯田家

2人「わ~!」

哲也「よし 来い! 貴司!」

源兵衛「お~ 何だ その面は?」

哲也「晩の盆踊りで被るんだ。 子供踊りで1等賞 狙っとるけん。」

貴司「1等 取るぞ~!」

源兵衛「おう ええ意気だ! 鬼の顔 恐ろしげに よう 描けちょ~の。」

回想

哲也「モデルが おるけんな。」

2人「お父さんの顔!」

布美枝「似ちょ!」

回想終了

2人「わ~!」

(笑い声)

源兵衛「布美枝。 お前は どげするだ?」

布美枝「え… 私は 何も。」

源兵衛「また 覇気のない。 1等 取るぐらいの気持ちで 踊ってみい!」

回想

ヒロシ「電信柱は その辺に 突っ立っとれ! ハハハ!」

回想終了

源兵衛「どげした?」

回想

布美枝「私… 今年は 踊らん事にする。」

チヨ子「え~っ!」

回想終了

源兵衛「何を言っとる。 楽しみにしとったでねかや?」

布美枝「けど…。」

源兵衛「また グジグジと…!

仏壇

(セミの鳴き声)

登志「ああ よう出来た。 こげに きれいに花 飾ったら ご先祖様も喜ばっしゃ~わ。」

布美枝「なあ おばば。」

登志「ん?」

布美枝「ご先祖様は 願い事を かなえてくれる?」

登志「フフフ どげな願いだ?」

布美枝「あんまり 背が伸びんように。」

登志「ハッハハハ! それは 無理だわ!」

布美枝「ダメか…。」

登志「でも ちょっこし 願いの仕方 変えたら 聞いてくれるかもしれん。」

布美枝「どげなふうに?」

登志「『のっぽでも くよくよせんで いられるように』。 こげに お願いしたらええ。」

布美枝「そげな事か…。」

登志「そのかわり 布美枝の方も ご先祖様の喜ぶ事を せにゃ いけんよ。」

布美枝「何 するの?」

登志「まずは 盆踊りだ。」

布美枝「盆踊り?」

登志「布美枝は 踊るのが好きだろう?」

布美枝「うん。」

登志「ご先祖様も 盆踊りが大好きだけん 布美枝が躍っとるのを見たら きっと喜ばっしゃ~わ。」

布美枝「そげかあ。 けど 嫌だなあ…。」

登志「何がだ?」

布美枝「踊ると笑われるけん… 意地悪 言う子が おるし。」

登志「ハハハッ! そげな事か。 フフフッ!」

布美枝「おばば…。」

登志「かまわん かまわん 笑われても何でもない。」

布美枝「え…。」

登志「楽しく踊れば それでええんだよ。 ご先祖様は 布美枝を見とるんだけん 一生懸命踊ったら それでええよ。」

布美枝「うん…。」

玄関前

(迎え火を祈る声)

<迎え盆の夕方は 門火(かどび)を焚いて ご先祖様の魂を お迎えします>

玄関

2人「行ってきま~す!」

<辺りが暗くなると いよいよ 盆踊りの始まりです>

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク