連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」第1話「ふるさとは安来」

連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」】1話のネタバレです。

あらすじ

昭和14年、島根県の大塚の呉服屋の三女・7歳の飯田布美枝(菊池和澄)は、生来の引っ込み思案。厳格な父・源兵衛(大杉漣)、控えめな母・ミヤコ(古手川祐子)、優しい祖母・登志(野際陽子)、そして兄弟たちという大家族の中では目立たない存在だった。ところが、安来の商家に嫁いだ叔母・輝子(有森成実)が体調を崩したといううわさを聞き、布美枝は輝子に会いたい一心で、たったひとり遠く離れた安来の町まで走っていく。

1話ネタバレ

飯田家

飯田布美枝「いいご縁で ありますように。」

飯田源兵衛「ミヤコ ええか?」

飯田ミヤコ「はい。」

源兵衛「布美枝の横には わしが おるようにするけん。 お前は ちょっと 離れて座れ! 布美枝が大きく見えるけんな。」

ミヤコ「はい 分かりました。」

源兵衛「うん。 あっ! 厠は 磨いたかや?」

ミヤコ「はい。 今朝 早くに ちゃんと。」

源兵衛「もう一度 よく見ちょけよ。 家の格は そげなとこに 出えけんな。」

ミヤコ「はい! あら? しつけ糸…。」

源兵衛「何しちょ~? 早(はや)ことしぇ! 布美枝! 何 もたもたしちょ~だ! じき 見合い相手が来るだぞ~! 布美枝!」

布美枝「はい!」

飯田登志(とし)<この のっぽの娘が これから始まる物語の主人公 飯田布美枝です。 今日は 布美枝の見合いの日なのです>

昭和三六年六月一日

源兵衛「何を もたもたしちょ~だ! もう一遍 言っとくぞ。 お前は 台所で 抹茶をたてて ふすまの前で控えちょれ。」

布美枝「はい。」

源兵衛「よきところで わしが『ううっ』と せきばらいをする。 それを合図に 座敷に入って わしの横に座れ。」

ミヤコ「来られたようです。」

源兵衛「来たか~?!」

ミヤコ「はい。」

源兵衛「お見えにならしゃったぞ~! 用意は ええか?!」

ミヤコ「お父っさん!」

布美枝「どげしよう。 ドキドキしてきた!」

<これが 布美枝の父の源兵衛で こちらが 母にミヤコです>

玄関前

村井絹代「しげさん 気張っていかっしゃいよ!」

村井修平「まあまあ そう気張らんと 自然体でいったら よかろう。」

絹代「えんや 今日は しくじれません。 39にもなって 嫁がおらんでは 人生 お先真っ暗ですが! ふんっ!」

村井 茂「酒屋かあ。 う~ん えらいクラシックな家だなあ。 『座敷童』か『小豆はかり』でも 住み着いとりそうだ。」

仏壇

<そして これが 私。 布美枝の祖母の登志と申します。 8年前に あの世に呼ばれたのですが 孫の行く末が 気がかりで こうして 見守っているのです>

布美枝「はあ… まだかな? あの人か…。」

<見合いの相手は 村井 茂。 職業は 漫画家。 ペンネームを 水木しげる と言いました>

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク