だから私は推しました1話ネタバレ

2019年7月27日放送の【だから私は推しました】1話のネタバレです。

現在は(2020年7月現在)NHKオンデマンドでも視聴可能です。

テレビまたはNHKオンデマンドが見れない方やこのドラマに興味のある方はこの記事をご覧になってください。

あらすじ

脚本家・森下佳子が描く「女オタ×地下アイドル」。主人公・愛はリア充を装うため日々ちょっとした背伸びをしているアラサーOL。ある日、地下アイドルのライブに行き、オタクたちの異様な熱気の中、歌もダンスも下手なアイドル・ハナを見つける。不器用ながらもステージ上の居場所を守ろうと頑張る姿に、自分を見るようで嫌悪感を抱く愛。気付けばライブハウスの真ん中で叫んでしまっていた―。

1話ネタバレ

愛「あの 推しって分かりますか? 推薦の『推』に『し』と書いて『推し』です。 推薦したい人 応援したい人。 私には 生まれてから ずっと 『推し』って呼べる人はいなかったんです。」

だから私は推しましたの画像

愛「テレビにお映った時に ワ~キャ~言うレベルじゃなくて こう お金も時間も ガッツリかけて この人を応援したいって…。 私は… 私自身が 誰かに『推されたい』人間だったんです。 『いいね』です。」

だから私は推しましたの画像

愛「人から たくさん 『いいね』って言ってもらえる 推してもらえる人になるのが 目標 みたいな…。 今思えば しんどい日々で そrを変えてくれたのが 推しだったんです。 親友のような 妹のような 子どものような…。 分身。 ある意味 もう1人の自分。 だから…。 マンションから転落したそうです。 推したんですよ。 だから 私は推しました。」

だから私は推しましたの画像

愛「彼女に出会った頃の私は パッと見には リア充なOLだったと思います。 アフター5は ジムやヨガ 週末は彼氏とデート 平日の夜は 映えるレストランで女子会とかして。」

1年2ヶ月前

だから私は推しましたの画像

「それでは始めます。」

「わあ~ あっ すごい すごい。 わあ~。」

だから私は推しましたの画像

真衣「もう いいなあ 菜摘は。」

愛「えっ 何が 何が?」

だから私は推しましたの画像

真衣「菜摘 休み ハワイだって。 しかも 別荘。」

愛「いいな~。」

真衣「しかも カハラって。」

愛「えっ 超セレブなとこじゃん。」

菜摘「セレブじゃないよ。」

真衣「いいよね~。 私なんてさ 結局ずっと仕事だよ。 もう かわいそうじゃない?」

だから私は推しましたの画像

菜摘「しかたないじゃない。 真衣は私たちとは違う ユニバーサルコースなんだから。」

愛「そうだよ 会社を背負って立つ人間なんだからさ。」

真衣「私も エリアコースに すればよかった。 転勤する心配もないし。」

菜摘「思ってないくせに。」

愛「うん 思ってない。 絶対 思ってない、」

菜摘「でもさ 真衣って 連休 仕事入ってたっけ?」

真衣「仕事じゃない体で来る仕事だから タチが悪いんだよ。 無駄に豪華な接待を受ける予定が 入っちゃって。」

菜摘「何 それ? 超楽しそうじゃん。」

愛「うん うん うん。」

真衣「楽しくないよ。 面倒だからって 部長が私に振ってきたんだから。 もう ガンマGTP100よ 100。」

菜摘「ちょっと 本当に気を付けなよ 体。 真衣の肩には 会社の未来が かかってんだから。」

菜摘「はい はい。 あっ 愛はどうするの? お休みは。」

だから私は推しましたの画像

愛「あっ いや 何か… 私は恭介待ちっていうか。」

菜摘「一緒に旅行?」

愛「何か 恭介に ついに海外転勤の辞令が出たって話…。」

真衣「ついに? どこどこどこ?」

愛「ポルトガルって言ってた。 だから多分 近々 恭介の実家に ご挨拶とか行くんじゃないかなと思って。」

菜摘「キャ~ じゃあ ついてくの? 愛 ポルトガル。」

愛「それしかないよね。」

真衣「やばいんじゃない ポルトガルは。 恭介君って ヨツトモだよね。」

愛「うん。」

だから私は推しましたの画像

真衣「ヨツトモの場合 ポルトガルって…。 うん。」

愛「えっ? 何?」

真衣「ポルトガルは 決して 会社の メインストリームじゃないってこと。」

愛「うん… えっ そうなの?」

真衣「結婚すると 身動き とれなくなるからさ その辺含めて もう1回 考えた方がいいと思うよ。」

菜摘「よく知ってるね。」

真衣「常識だよ。」

菜摘「えっ そうなの?」

真衣「ヨーロッパ市場は 停滞してるからさ…。」

帰りの道中

負け惜しみだ。 美人で仕事できても 結局 彼氏いないって。 それって 1番大きな『いいね』を もらえてないってことで。

だから私は推しましたの画像

当時の私は そんなふうに強がって メンタルを保ってました。

愛の自宅

愛「メインストリームじゃなくても ついていくよ 私は。」

だから私は推しましたの画像

デート中

恭介「写真?」

愛「おいしいですか? 写真だよ。」

恭介「動画でしょ?」

愛「それ 何食べてるんですか?」

恭介「ケーキ ケーキ ちょっ 動画でしょ?」

だから私は推しましたの画像

愛「何ケーキ? 動画じゃない…。」

恭介「これ?」

愛「うん 食べたいな 私。」

恭介「食べる? はい。 あ~ん。」

だから私は推しましたの画像

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク